事業案内

私の奮闘記|エヌ・アイ珈琲

私の奮闘記

初期投資を抑えるために、自宅の小屋を改装して、自家焙煎珈琲豆の販売店を開業しましたが、店の場所が旧の住宅街に位置しており来店されるお客様が少なかった。2期目にドリンク販売や外看板の設置、初期の簡易なホームページを作成することにより、近隣のお客様が来店されるようになり、3期目に商工会のご支援により、ホームページのリニューアル&チラシ配布&街ゼミでの講師をするなどにより、新聞に店舗情報が掲載され、ホームページやSNSにより情報発信されると市外からもお客様が来店して下さるようになりました。

お店のこだわり|エヌ・アイ珈琲

お店のこだわり

焙煎豆の賞味期限は焙煎後3週間までなので(20日間くらいまで美味しく飲める)、焙煎豆の店頭在庫は最長5日間まで。お客様での賞味期限を確保しております。1kgガス焙煎機だからできる100gからのお好みカスタム焙煎ができます(受注で珈琲豆の種類・量・焙煎度合を指定できる)。日頃からコーヒーを美味しく飲むための、お客様のお困りごと、ご質問には何なりとお答えしております。

今後のビジョン|エヌ・アイ珈琲

今後のビジョン

現在は1人で営業しておりますが、今後2人体制にして、サービスと品質の向上、生豆選別品の積み増しをいっそう進める計画です。
お客様からの疑問や質問などをまとめて情報発信していきたいので、冊子やホームページづくり、珈琲関連のセミナーを定期的に開催したいと思っております。

活動内容

珈琲豆は生鮮食品 
いちばん美味しい瞬間を引き出す

JR野洲駅北口から野洲川に向かって徒歩約12分。大きな家が並ぶ古い町の中にある。場所は奥まっているが3台分の駐車場もそなえている。代表の北中哲也さんが還暦を越えてから開業した自家焙煎珈琲豆店だ。北中さんが珈琲をはじめたのは学生時代で、ミルとカリタのドリッパーセットを使いはじめて46年以上。「何より珈琲が好き、だからこそ引き出せる味があり、お客様に納得いただける珈琲との出会いを提供していきたい」との思いで経営されている。主には、約20品目の生豆在庫品を注文によってカスタム焙煎し少量生産している(100gより販売)。鮮度にこだわって、焙煎豆の店頭在庫は最長で5日間。注文品は必ず引取り日の朝に焙煎して、お客様での賞味期限を最大限確保している。珈琲にこだわりがある人にとっては納得のサービスだ。当店で追求しているのは、素材の味そのものを感じられるブラックで「冷めても美味しい」こと。焙煎だけでなく、世界中の美味しい珈琲豆を探し続け、生豆を全数選別し、特徴に合わせた鮮度管理、焙煎・抽出で「美味しい瞬間」を引き出す本物の味を提供している。
開店して3年、店の立地は便利とは言い難いが、この本物の味は遠くからも、是非足を運んで味わいたい一級品だ。



エヌ・アイ珈琲
北中 哲也

「冷めても美味しい珈琲」「新鮮な珈琲豆」の提供をポリシーに、気楽に入っていただける家庭的な店として、お客様と気軽にお話しや情報交換ができる場でありたいと考えています。

会社概要

企業名

エヌ・アイ珈琲

業種

飲食業

内容

コーヒー豆の焙煎&ドリンク&関連機器の販売

所在地

野洲市市三宅1964

代表者名

北中 哲也

設立年月日

2016年

電話番号

077-514-7099

ホームページ

http://ni-coffee.jp/

お問い合わせ

エヌ・アイ珈琲

077-514-7099